2009年09月23日

映画:ココ・シャネル

観てきました。



オドレイ・トトゥの“ココ・アヴァン・シャネル”も公開されましたが、今回はシャーリー・マクレーンの”ココ・シャネル”の方。

近場のシネコンではちょうど両方とも公開中です。
窓口ではっきり“ココ・シャネル”と言っても、紙面にしたモノが用意されていて、それを見ながら、どちらですか?と確認されます。

お客にとってだけでなく、お店の方にとっても、間違いのない丁寧なやり方だな、と感心しました。


さて。

日本では、(というか、ワタシは、と言うべきですね)シャネルについてあまり好い印象がもたれていないように感じるのですが。

それって、つまりは着てる人を見るに、余りにザンネンなことが多いから、なんでしょうね。


でも本来はとっても素敵な服だということがよく分かりました。


まぁ、以前から、歳喰ったら着られるようになるかしら、と思わなくはなかったんだけど、どうかな(十分歳喰っちゃッたと思うんだけど)
サイズが・・・とかそういうのは措いといて、
ってか、サイズが合わないとか言ってるようなレベルでは着ちゃイカンのだと思いますが(笑)


自分で稼いで着る服ですね。
そういう意味では、ザンネンと見えるヒトたちも着ていい服だと、今は思えます(価値観の転換凄し!!)


おばあちゃんになってからの、シャーリー・マクレーンのシャネルはもちろんですが、若き日のココを演じたバルボラ・ボブローヴァという女優さんがとてもチャーミングです。目の強さがいいと思いました。

チェコスロヴァキア(現・スロヴァキア)生まれで、現在はイタリアで活躍中の女優さんだそうです(1995年にイタリア移住してるらしいので連邦解体と関係あるのかな)









シャーリー・マクレーン以外コレといったキャストは出てないし(あ。マルコム・マクダウェルがいたか)、え!コレだけ?ッてくらいエンドロールが短いとか、フランス語名前地名なのに、みんな英語しゃべってる〜!!とか(もともとTVドラマっぽいです。ゴールデングローブとかエミーとかにノミネートされてるっぽい)、突っ込もうと思えばツッコミどころは多々ありますが、シャネルの服についての認識を改めさせてもらったことはたしかです。



「わたしは流行をつくっているのではない、スタイルをつくっているの」ほかの、すてきシャネル語録も載っているオフィシャルサイトは*こちら*から


そうそう。

こういうものも買ってまいりましたわ♪

image/2009-09-23T22:06:012   image/2009-09-23T22:06:011


「らしい」とは聞いてましたが、やっぱり「アリスが主役じゃないらしい」です(笑)

posted by lionne at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もほんとうはこちらが観たかったです。
でも近所ではやらなかったのです。
でもって今やっているほうは上映時間が(私にとっては)遅いのです。

オドレイ・トトゥが出演しているほうはシャネルと提携しているそうですよ、とおすぎさんが書いていました。

Posted by ぽたぽん at 2009年09月24日 20:04
>ぽたぽんさん

”アヴァン”の方も来週あたりに見られたらいいなぁと思ってます。

>上映時間が(私にとっては)遅い
もたもたしてるうちに、上映終了が近づき上映回数も減り16時と20時以降なので、16時から見ました。
ワタシの場合この時間帯になると心配なのはマザコンわんこの散歩だけですね(笑)
おすぎさんといえば、このシネコンで秋にトークライブがあるようです。
もちろん無料ではないので(ライブだから)どうせ払うなら映画見たほうがイイナ、と思いません?



Posted by りおん@管理人 at 2009年09月25日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック