2009年11月02日

映画:パリ・オペラ座のすべて

観てきました。



バレエがわかればもっとおもしろく見られるんだろうなぁ、
と思いつつ、でもとても興味ぶかく見ました。


バレエを作るのは、もちろんダンサーなんだけど、
衣装や小道具、装置、それからキッチンとか掃除をしてる姿とか、
そういうのも、すべてがオペラ座を作りあげる要素になっている。

そういう裏方の仕事もしっかり映し出されてました。
でも、もっともっと見たかったな。


いつでどこで知ったのか覚えてませんが、屋根の上の養蜂の様子とか、
「オペラ座の怪人」でファントムが走り回っていたような水路がほんとうにあるんだ、
とか、なるほど〜なシーンもいっぱい。


それにしてもパリの街は、すてき。









http://www.paris-opera.jp/

posted by lionne at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック