2009年06月13日

旧芝離宮恩賜庭園にて

   

***************************

すっかり忘れていましたが、4月末のある日、旧芝離宮恩賜庭園に行ってきました。

まいどおなじみのポケモンセンター・トウキョーのあるビルから、道路をはさんだ真向かいに見えるので気になっていた公園です。

浜松町駅近くの、高層ビルに周りを取り囲まれた江戸時代の大名庭園は、まさに都会の谷間に取り残されたように存在する異空間。

足の便もいいことからか、撮影などにも使われているようです。当日も新郎新婦っぽいカップルと撮影チームを見かけました。
中国や韓国では挙式前にモデル?女優?!とばかりな写真集を作るという話はよく聞きます。
日本でも近ごろはそういう風潮なんでしょうか? 前もって写真だけ撮ったりするのかな〜〜

ちょ〜楽しそうにスタッフ(業者?)と相談しながら、どんどん撮影を進めていく花嫁さん(にしては衣装とかビミョウな感じはするんですけどぉ)と、言われるままに動いてるように見える花婿さん・・・
ついつい観察してしまいました(えへへ)

posted by lionne at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

花びら5枚のドクダミ

ドクダミの花が真っ盛りの今日この頃。
ドクダミは十字の位置に4枚の白い花びらがあるのをご存知、ですよね?(ドクダミなんか蔓延らせないから知らない、とか?)

雑草ブログを眺めてましたら、花びら5枚のドクダミがあった、とのことで。

へぇ〜〜 とさっそくその辺を見てみたところ・・・

IMG_0062.JPG

あるじゃないですか、5枚花びら。

あんまりかんたんに見つかっちゃったので、案外ありふれてるんじゃないの?と思ったんですが、その後は見つかりません。

ところで。
この白い4枚の花弁(花びら)のように見える部分は、じつは花弁ではなく、総苞片(そうほうへん)と呼ばれる器官だそうです。
花は、中心部の黄色い部分です。つまりたくさんの小さな花が集まって、ひとつの大きな花のように見える形を作っているということだそうです。

ウィキペディアには八重の花(正確には総苞片が八重状になっている)の画像もあるので、実際には、さほどど珍しいものではないのかもしれませんね〜〜(どっちなんッ!?

posted by lionne at 18:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ポケピカはポケウォーカーにしんかした!?

今秋発売予定のポケモン心金魂銀に、歩数計『ポケウォーカー』が同梱されることが決定、とか。

News Sourceは *こちら* から

ポケモン金銀とともに、なつかしの「ポケピカ」もリメイク、リニューアルってことでしょうか。

ちなみに、じゃみぃさんが首からぶら下げて歩いてたポケピカ、今でもありますわよ。
ほこりかぶってますけど^^;

ね?!

090609_1111~01.JPG

汚れは落としてみました。電池を換えたら動くかな・・・?

posted by lionne at 11:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

Happy Birthday!

2008suzuki001.jpg

お誕生日おめでとうございます。

画像は Depp Impact さんからいただいてきたものです。

・・・・続きを読む

posted by lionne at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

国立西洋美術館:ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画

観てきました。

「これぞルーヴル、これぞヨーロッパ絵画の王道」とキャッチコピーにあるとおり17世紀のヨーロッパ絵画。

じゃみぃさんいわく「上手なのが分かりやすい」絵ばかりなので、見てても楽しいです。

今回の目玉はフェルメールの「レースを編む女」ってことになってますが、とてもさりげなく展示されてます。
だってほかにも、レンブラント、ベラスケス、ルーベンス、ラ・トゥールなどなど有名どころの作品が出展されてますから。

71点、そのうち60点ほどが日本初公開。とはいえどこかで見たことがあるような作品も多く(ラ・トゥールの「大工ヨセフ」は以前にも来たことがあるような。ほかの作品と間違えてる?)、でも見ごたえのある展示でした。

公式ホームページは*こちら*から

第2日テレ(動画配信サイト)のルーヴル展特別企画は*こちら*から
会場では音声ガイドを借りることが多いのですが、今回のナレーションは中尾彬。
あまりのシブイ声に聞き入ってしまい内容をつかみきれなかったり(笑)試聴用サンプルで聴けます。

posted by lionne at 15:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

必殺! 限定スイーツ

IMG_0033.JPG

ふだん東京駅の地下改札からそのまま地下の食料品売り場に入ることが多いので、あまり気にしていなかったのですが、大丸東京って1階も魔窟でした(笑)

店内に入った途端「17時からの限定」という声が聞こえてしまいました。
シュー皮にもチョコ、カスタードも生チョコ入りでした。
限定って何個?と聞いたら40個・・・?それって40箱ってことだと思うんですが。
ひと箱3個いり630円でした。

甘すぎず、チョコの風味も立ってました。
カスタードがたっぷりなのはいいんですが、皮がその重さに負けてクリームこぼしちゃいました。

「限定」と商品だけ見て並んでしまいましたので、お店はあとから知りました。
 ↓こちら

並んでる時にショウケースで見たんですが、キースショコラというチョコレートケーキに蠱惑されました。

いやいや・・・ホント「限定」の二文字には必殺です。
おいしかったからいいんだけどね

posted by lionne at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

論争再燃か?! 

奈良・箸墓古墳
「箸墓古墳の築造は240〜260年」…歴博 卑弥呼死亡時期と一致
リンクは*ここ*

歴博の研究グループの測定によれば、奈良県桜井市の箸墓古墳の築造年代が、邪馬台国の女王卑弥呼が亡くなったとされる年代と合致するという結果を導きだしたんだそうな。

この結果から直ちに、箸墓古墳の被葬者=卑弥呼と言っちゃえるものなの?とか思いますが、でもまぁ、近畿説にとってはすっごく有力な説とはいえますわね。

というか、あの・・・築造年代を調査って・・・
たしか、箸墓古墳って最古の前方後円墳ってことになってなかったっけ?

あの・・・今さら調査結果ってことは、
あの・・・最古とかってけっこう適当だったとか、そういうんじゃないよね?

※関連記事※

浮かぶ権力者の威光、被葬者論争にも一石 箸墓古墳周濠初確認 *ここ*

とはいえ、Webからてきとうに拾ってきた画像ではありますが、こうして見るとステキなところですね。

hasihaka kohun

いま、ふたたびの奈良へ・・・
飛鳥の方はまったく知らないので体力のあるうちに行きたいなぁ

posted by lionne at 15:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

皐月の空 川面の風 新緑の薫

  

歴史クルーズ@神田川・日本橋川コース まとめ

つどう人々のとのおしゃべりの合間のパチパチ。
その場のノリで撮ってるので、改めてみると「コレは・・・ナニ?」というところばかり。
従いまして、コメント内容についてはあやふやなところが(いっぱい)あります。
信用しないでね。つか、まず静止画像のコメ(八丁堀云々)があやしいし(爆)
なので「コレはコウじゃないの?」というご指摘はとくに大、大歓迎!!!でございます

※音がでます。音量注意!! また、画質を落としていますが、できればHQで見ていただくことをお奨めします。

posted by lionne at 15:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

買ってきたぞよ!

090524_0924~01.JPG
昨日は朝からステキなレディス、ボーイズandガールと、
川面をはこぶ爽やかな風に吹かれての船遊びとしゃれこんだワタシ。
浅草線に乗って日本橋(地名の)に場所を移した後、老舗洋食でおいしいランチをいただきました。
日本橋(橋の)にある、日本国道路原票を見に行く、という店長&お店番さんを見送り、お名残惜しい解散となったわけです・・・(なったんだよね?)

で、ワタクシ。
先日より、ポケセンへ赴かねば・・・と思っておりましたので、よい折とばかりに浜松町へGO!
はじめは東京駅から浜松町?と思いましたが、
ああ、浅草線で大門でいいじゃん。
東京は地下鉄を使いこなせてこそ(浅草線‐大門を思い出せてよかったよーーー)

これで、ピカチュウカラーのピチュー、ゲットだぜぇーーー!!!(今度はもらいに来なくてはなりませんね)

「ポケセンの商略にすっかり乗せられちゃってるんだから〜〜〜」とかいわないのぉ^^

posted by lionne at 22:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

プチトマト栽培の経験者サマへ

雑草ハンターのワタシですが、たまには植物栽培を・・・と、アサガオの種を植えてみました。

比較的長く(秋口まで)楽しめる品種というアサガオなのですが、長く楽しめるということは、つまりは気温が高くないと発芽もしない、ってことらしく、5月になってから種まきするように、と袋の裏に書いてあったので、5月1日に蒔きました。

そして7日。プランタを見ると…

IMG_1468.JPG

これは、まさしくアサガオの双葉・・・・・・

と、これはナニ?

実は、これより1ヶ月ほど前の4月初め。

どうせ栽培するなら食べられるものがいいなぁ。
と、ミニトマト(プチトマト?)の種を蒔いてみました。
といってもかなり前に、たしか選挙かあるいは新聞の景品か何か、とにかくずいぶんと前にもらった種です。
袋に記載されている発芽保証期限はトウにキレているようなものでしたが、蒔いてみました。
その後、1ヶ月ほどしても、土の表面にはいっこうに変化は見られず…やっぱりなぁ、と。

それで、そのまんまアサガオの種を蒔いてしまったのです。

で。
アサガオの双葉とともに芽を出してきたこの小っさい葉っぱって、やはりミニトマトの双葉なんでしょうか。

ミニトマトは、じゃみぃさんの実験セットのものを(ワタシが)栽培した記憶はあるんですが、こんな双葉だったか? までは覚えてないのです。

これって、トマトの双葉なんでしょうか?
もしミニトマトなら、アサガオとは別居させないとなりませんね。

posted by lionne at 15:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

ポケモン・金銀のリメイク決定だって^^

このタイトルって、どうなの? と思わなくはないですが・・・
「ゴールデン・サン シルバー・ムーン」なんじゃね?ッてじゃみぃさんから聞いてたような気がしますが・・・

金銀の時は制作発表から実際の発売まで、と〜〜〜〜〜〜っても時間がかかったのでした。
赤・緑のあと、青が出て、黄(ピカチュウ)バージョンが出るくらい
なので、今秋とのことですが・・・信じないぞ^^

でも、ココで金銀のリメイクが出るってことは・・・中国・四国地方(ウチウミ地方、とか?)が舞台になる新作があるかもね?って信じていいですよね?!(わくわく)

ぽたぽんさんからの情報でした。どうもありがとう♪

posted by lionne at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

国博のユリノキ

国立博物館・本館前にデッカイ樹がそびえているの、ご存じでしょうか。
そのデッカイ樹には似合わないかわいらしい花が咲いていました。

IMG_1383.JPG

このデッカイ樹は、幹についている名札を見ると「ユリノキ」というのだそうです。

IMG_1375.JPG

ユリノキは、百合の木なのでしょうか。

高いところにたくさん咲いています。近くで見たいのですが、ズームしてもなかなか寄って見ることができません。

やっと、比較的低めのところに咲いている花を見つけました。

IMG_1387.JPG

百合というよりは、チューリップ?

ユリノキ(百合の樹、学名:Liriodendron tulipifera)は、モクレン科ユリノキ属の落葉高木。
北アメリカ中部原産で、日本には、明治時代初期に渡来したそうです。

国博が開館したのは明治15年だそうですから、渡来間もなくこの地に植えられたものなのでしょう。
生長の早い樹だそうですが、このデッカイさでも、たかだか130年ぐらい?なんですね。スゴイ!!

英名はTulip Tree‐チューリップの樹。
明治の代では、チューリップよりは、やはり百合と見立てるのがふさわしかったのでしょう。

IMG_1379.JPG

ユリノキをシンボルツリーとすることから「ゆりのきの博物館」と呼ばれるともありました。

posted by lionne at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

東京国立博物館平成館:国宝阿修羅展

興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展(国博)見てきました。

阿修羅さんが東京にやってくるのは、ほぼ半世紀ぶり、だそうです。
そういえば、奈良の興福寺で、ナマ阿修羅さんに初めて出会ったのは、ン十年まえだったなぁ、と思い出しました。

今回、阿修羅さんといっしょに来てる、他の八部衆と十大弟子さんたちも、そこにいたはず、なんですが・・・
「ああ、あしゅらだ・・・」と思ったことしか覚えてないなぁ。

教科書などで見慣れた、ナマ阿修羅サンって意外に小さいんだ…と思ったのは覚えてます。

今回もメインは阿修羅さんですが…

阿修羅さんって、八部衆のひとりです。
他の八部衆さんだって、その頬や眉根に哀愁をやどした美少年ばかりなんですね。
なんで、阿修羅サンばかりが・・・と、チョッと不思議です。

五部浄さんは、かわいそうに胸から下が破損しています。
ですが、そのおかげで、麻布を幾重にも漆で塗り重ねた、乾漆像の中身を見ることができました。
また、指のしなやかな曲線は、鉄芯を入れているようです。
阿修羅さんも同じように作られているはずで、そういうところが見られたのが、とても興味深いことでした。

そのほか、源平争乱での焼失後に立像された四天王像も出陳されています。
鎌倉期の仏像は、天平期の制作である八部衆とまったく違う…

なんか、久しぶりに、おもしろかったなぁ

公式HPは *こちら*
トップのフラッシュ画像で、阿修羅さんのぐるり360度ターンが見られます。

posted by lionne at 16:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

鳥の巣!?

携帯百景 の昨日のネタの焼き直しでごめん遊ばせ^^

090426_0835~01.JPG

散歩の途中で見つけたのですが…

見た感じ、鳥の巣っぽく見えるのですが、あまりに杜撰っていうか…
建築途中なのかな、それともよっぽど不器用なのか…

それに、センスがないというか、危機管理意識がなさ過ぎっていうか…
チョッと伸ばせば手が届きそうな所にあるんですよね。

こういうところに、新居を構えようというようなカップルはウマくいきそうにないだろうなぁ…

鳥の巣なのかなぁ…

posted by lionne at 11:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

桜の魔力?

4月の半ばを過ぎたころですが・・・

ふと気づけば、画像ファイルが今月すでに300枚を超えてる!ではないデスか?!

サクラの季節、天気のいい日はとくに、青い空に桜色が映ると、ついつい。
でもね。

IMG_0918.JPG

サクラの花そのものよりも、こういう写真を撮るのに、つい枚数が要っちゃうんですよ。

お他所のわんこさんブログを拝見してますと、おとなしくお座りして、しっかりカメラ目線で(にっこり)なわんこさん写真をお見かけします。

アレって(とくにカメラ目線でにっこり)どういう・・・?
やっぱり、ワタシの育て方がよくなかったんですかねぇ(凹)

posted by lionne at 14:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

さらにヤバい・・・

「初恋の人からの手紙」およびその分析結果で、古傷をずきずき抉られる思いを(笑)

新作「一年目の手紙」は、さらに塩とお酢と胡椒と唐辛子を振りかけられたみたいだ・・・(爆)

りおんさんの恋人からお手紙が届きました。
りおんさんについての分析結果は以下の通り。

さすがに、ココまでは言わないですよ、今はね(笑)

posted by lionne at 12:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

これはヤバい、かも?

近ごろ(でもないか、もう)ちまたに流行るとかいう「初恋の人から手紙」なんものやってみるに・・・

ヤバいよ、これ。
ヤバすぎ・・・(笑)

どんなふうにヤバいかは追記で。
で、もって分析結果は*こちら*から

・・・・ってことは、
ウチにいるのは、かわいそうな犠牲者約1名ってこと?(笑)

・・・・続きを読む

posted by lionne at 11:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

サクラの季節。

今年もまたサクラの季節が巡ってきました。

Zorgに少しアップしました。
*こちら*から見てやってくださいまし^^

posted by lionne at 23:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

銀座の街角でしゃがみこんでみた。

先日、所用で久々に訪れた銀座。
そろそろ季節もいい感じなので、街角のそこここにある、手入れされているとは言いがたいような花壇やフラワーポットなどに、かわいらしい花の姿が見られるようになってきました。

IMG_0507.JPG

銀座といっても三原橋辺りですが。

これ、なんだろう。
以前、実家近所の道ばたでも見かけたことがあるのです。
クローバーみたいな小さな、ピンクと白の花がたくさんついてました。
葉っぱもクローバーみたいなラインが見えます。でも赤っぽい葉っぱも混じっていて、茎は蔓っぽいです。たしかにクローバーも茎を這わせるように伸びているんで、そういうところも似てることは、似ているのかなぁ。

posted by lionne at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

さくらプロジェクト

IMG_0411.JPG

「ニッポンの春」をシンボライズするサクラの開花日予想を官民で競っているそうです。

そのひとつがWeatherNews。・・・・続きを読む

posted by lionne at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑記 | 更新情報をチェックする