2010年05月06日

【映画】劇場版名探偵コナン 天空の難破船

観てきました。


飛行船、細菌兵器テロ、そして怪盗キッド、と道具立ては派手ですが、ラヴコメです~~

良い意味で肩の力が抜けてます。

大(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v
posted by lionne at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

【gooランキング】好きなジョニー・デップの主演映画ランキング #blog

gooの注目ランキングでブログを書こうに"好きなジョニー・デップの主演映画"があがってました。






5位までの中の3つがティム・バートン監督との作品なんですね。
<パイレーツ>シリーズは異質というか別格というか、ちょっと違う立ち位置の作品かなと思うので措くとして。


やはりティム・バートン監督との仕事の時のジョニーがもっとも活き活きしてるように見えますよね?(笑)

posted by lionne at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

2010年04月16日

2D か3Dか?「アリス・イン・ワンダーランド」

明日4月17日といよいよ公開の日がやってまいりましたっ!!!

というわけでこの話題が挙がっていたので、さっそく飛びついてみる










「先日公開された・・・」といきなり未来日記風味で始まってますが、たぶんライターさんは試写かなにかですでにご覧になってるんでしょうね。あるいは海外とか。韓国では一足先に公開になってるようですし。


それはともかく。

2Dで内容を把握してから3Dでアトラクション的に楽しむのがいいかなぁ、と思ってます。
ちょうど前売りは4枚確保してありますし(相方はムスメ)

まずは明日、2Dで観てくるつもりでおりますです^^


posted by lionne at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

映画:シャーロック・ホームズ

観てきました。



シャーロック・ホームズといえば、原作を読みながらも思い描くのはイギリスのTVシリーズで演じたジェレミー・ブレット、というくらい強烈な印象を残してます(あたしだけですか?)


でも、ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウがシャーロック・ホームズとワトソン博士を演じる


続きを読む
posted by lionne at 13:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

前売り特典は伝説の3匹!

劇場版ポケットモンスター、今年の前売り特典は伝説の3匹「ライコウ・エンテイ・スイクン」だそうです。


この3匹、ただの伝説ポケモンではありません。
だって、ふつうにゴールド/シルバーでゲットできますからね。

ゲットしました? 
あたしはまだなんですがね(笑)




プレゼントされるのは、ゲーム上ではごくまれにしか出会うことのできない色違いポケモン。

そして、特別なわざを覚えている、

ここだけでしか手に入らない伝説のポケモンです。





さて、どのポケモンをもらっちゃいましょうか?


引換券1枚につき1匹、ダイパプラチナ金銀のいずれかにプレゼントされます。


詳しくはポケモン映画公式サイト*ここ
posted by lionne at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

これが新ポケモンなのね(^^♪

年内(2010年)発売予定の新作に登場する新しいポケモンとその進化形の公式イラストが公表になりました。

新作の舞台となる地方もまだなのに、ポケモンだけ公表されると言うのはなかなか異例だわ、と思いましたら、夏の劇場版に登場するから(というオトナのジジョウ、だよね?)

そういえば、09年(アルセウスの時)の劇場版終了後の次回作決定の告知の時だったかに「〜〜〜Z」ってついてたのは覚えてるんですが、そうか、これがそうだったんですね。

というか、だからZの頭文字なポケモンなのかしらん


新ポケモンの「ゾロア」と「ゾロアーク」はこれですよん

Read more
posted by lionne at 16:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

映画:Dr.パルナサスの鏡

観てきました。


思いがけないことで話題作となってしまった作品ですが、そのつもりで、つまり、
 ヒース・レジャーの遺作だから〜〜たらーっ(汗)とか、
 ジョニー・デップとジュード・ロウとコリン・ファレルの豪華代役ですって?!黒ハートとか、
なんて気分で見に行ってしまうと、

ちょっとexclamation&question となってしまうかもしれません。

でも、ちょっと待って。

続きを読む
posted by lionne at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

カンヌ国際映画祭、今年の審査委員長はティム・バートン




なんか、うれしいようなニュースだったので。


4月の『アリス・イン・ワンダーランド(Alice in Wonderland)』はもちろん楽しみです。

でも、その前に『Dr.パルナサスの鏡(The Imaginarium of Doctor Parnassus)』

公開しちゃいました。


早く行かなくちゃ、行かなくちゃ、行かなくちゃ・・・


posted by lionne at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

展示:アリス・イン・ワンダーランドの世界展

見てきました。



23日から日テレで開催中の「映画『アリス・イン・ワンダーランド』の世界展」に行ってきました。

少し前に記事にしましたが、ブロガー特別招待dayという企画です。

通常は展示品の撮影はできないのですが、今回は展示の宣伝という意味があるから(ですよね?)一部の撮影が許されてました。

バ○みたいに撮りまくって数ばかりはあるんですけどぉ。
見てみると、ナニがなんだか・・・というものばかり(興奮しすぎなんだな笑)


でも「記事にする」というのがお約束なので、とりあえず




・・・・続きを読む
posted by lionne at 23:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

Alice in Wonderland - New Official Full Trailer (HQ)





最近、映画を観にいくたびに「パルナソス博士」と「アリス」の予告編が見られるので(この間までは「パブリックエネミーズ」も)、すごくうれしかったのですが、そのアリスの新しいトレーラーが出てきました。

こちらはUKのディズニーサイトからのものですが(16日にアップされてました)日本のオフィシャルサイトにもアップされたようです。

http://www.disney.co.jp/movies/alice/




それと、
映画『アリス・イン・ワンダーランド』世界展が、
2009年12月23日〜2010年1月11日まで開催されます。

行きたいんだけど、これってガチで冬休み企画ですよね。

激混みですよね・・・人込み嫌い


でも行くぞ、ゼッタイ行くぞ!!
と思ってましたら、

ブログのプレゼント企画があるようなので、やってみます。


posted by lionne at 19:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

映画:イングロリアス・バスターズ

観てきました。


タランティーノだからおもしろいけど、容赦ないの。

タランティーノだから容赦ないけど、すっきりしちゃうの。

タランティーノだからすっきりするけど、救いがないの。

でもおもしろいよ。

うん。

でも、これをおもしろいと思っちゃうあたしって?って思わなくもないけど。


http://i-basterds.com/

posted by lionne at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

映画:パイレーツロック

観てきました。



おもしろかったよ〜

サントラCD買っちゃった(買わされた、かも)


いわゆる名優もいっぱい出演してますが、そうでもない俳優と同じ枠の中で互角に演じてる。それも心から楽しんでる感じがいいです。

ワクワクします。




http://www.pirates-rock.jp/
posted by lionne at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

映画:パリ・オペラ座のすべて

観てきました。



バレエがわかればもっとおもしろく見られるんだろうなぁ、
と思いつつ、でもとても興味ぶかく見ました。


バレエを作るのは、もちろんダンサーなんだけど、
衣装や小道具、装置、それからキッチンとか掃除をしてる姿とか、
そういうのも、すべてがオペラ座を作りあげる要素になっている。

そういう裏方の仕事もしっかり映し出されてました。
でも、もっともっと見たかったな。


いつでどこで知ったのか覚えてませんが、屋根の上の養蜂の様子とか、
「オペラ座の怪人」でファントムが走り回っていたような水路がほんとうにあるんだ、
とか、なるほど〜なシーンもいっぱい。


それにしてもパリの街は、すてき。









http://www.paris-opera.jp/

posted by lionne at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

映画:きみがぼくを見つけた日

観てきました。

邦題はなんだか意味不ですが、原題はズバリ!

 The Timetraveler's Wife


わかりやすい〜



タイムトラベル(時空旅行)モノではふつう、
過去や未来の自分自身に出会ってはいけないとか、
タイムトラベルできることは他人に話してはいけないとか、
いろいろタブーがあるもんです。

ですが、自分に出会いまくり、他人にしゃべりまくり(笑)


設定など?????な事がらもたっくさんありますが、
すなおなラブストーリーとして見るとおもしろい、という作品でした。

あたし、きらいじゃないです。


http://wwws.warnerbros.co.jp/thetimetravelerswife/

http://promotion.yahoo.co.jp/kimiboku/
posted by lionne at 22:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

映画:ココ・アヴァン・シャネル

観てきました。

アヴァンは、avant。
〜の前に、という意味で、英語ではbeforeだから、
訳すと、シャネルになる前のココ、ですね。


つまりクチュリエールとして成功するまでのココを描くのが本作。

この間の「ココ・シャネル」とは設定など、ビミョウに異なるところがあるようですが、とくにこちらの作品は、いわゆる伝記映画ととらえない方がいいんじゃないかな。


どっちの映画が良いとか悪いとかではなく、両方見て好かったな、と思いました。

ココ・シャネルという女性にとても興味が湧き、もっと知りたくなりました。

オフィシャルサイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/cocoavantchanel/
posted by lionne at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

映画:ココ・シャネル

観てきました。



オドレイ・トトゥの“ココ・アヴァン・シャネル”も公開されましたが、今回はシャーリー・マクレーンの”ココ・シャネル”の方。

近場のシネコンではちょうど両方とも公開中です。
窓口ではっきり“ココ・シャネル”と言っても、紙面にしたモノが用意されていて、それを見ながら、どちらですか?と確認されます。

お客にとってだけでなく、お店の方にとっても、間違いのない丁寧なやり方だな、と感心しました。


さて。

日本では、(というか、ワタシは、と言うべきですね)シャネルについてあまり好い印象がもたれていないように感じるのですが。

それって、つまりは着てる人を見るに、余りにザンネンなことが多いから、なんでしょうね。


でも本来はとっても素敵な服だということがよく分かりました。


まぁ、以前から、歳喰ったら着られるようになるかしら、と思わなくはなかったんだけど、どうかな(十分歳喰っちゃッたと思うんだけど)
サイズが・・・とかそういうのは措いといて、
ってか、サイズが合わないとか言ってるようなレベルでは着ちゃイカンのだと思いますが(笑)


自分で稼いで着る服ですね。
そういう意味では、ザンネンと見えるヒトたちも着ていい服だと、今は思えます(価値観の転換凄し!!)


おばあちゃんになってからの、シャーリー・マクレーンのシャネルはもちろんですが、若き日のココを演じたバルボラ・ボブローヴァという女優さんがとてもチャーミングです。目の強さがいいと思いました。

チェコスロヴァキア(現・スロヴァキア)生まれで、現在はイタリアで活躍中の女優さんだそうです(1995年にイタリア移住してるらしいので連邦解体と関係あるのかな)









シャーリー・マクレーン以外コレといったキャストは出てないし(あ。マルコム・マクダウェルがいたか)、え!コレだけ?ッてくらいエンドロールが短いとか、フランス語名前地名なのに、みんな英語しゃべってる〜!!とか(もともとTVドラマっぽいです。ゴールデングローブとかエミーとかにノミネートされてるっぽい)、突っ込もうと思えばツッコミどころは多々ありますが、シャネルの服についての認識を改めさせてもらったことはたしかです。



「わたしは流行をつくっているのではない、スタイルをつくっているの」ほかの、すてきシャネル語録も載っているオフィシャルサイトは*こちら*から


そうそう。

こういうものも買ってまいりましたわ♪

image/2009-09-23T22:06:012   image/2009-09-23T22:06:011


「らしい」とは聞いてましたが、やっぱり「アリスが主役じゃないらしい」です(笑)

posted by lionne at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

POTC4の正式タイトル決定!!

Johnny @ D23 Expo  on Twitpic



ジョニさんがキャプテン・ジャック・スパロウのコスチュームで登場したというディズニーのイベントについての日本語記事が出てきました。


ディズニーのイベントというのは「D23 ディズニー・ファン・エキスポ」です。

ここで、POTC4のタイトルが『パイレーツ・オブ・カリビアン4:オン・ストレンジャー・タイズ(Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides)』と発表されました。



アメリカの小説家ティム・パワーズが1987年に発表した伝奇小説「幻影の航海(原題:On Stranger Tides)」を基にストーリーが構成されるのではといわれているそうです。
もともと『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界観の基となっているのではといわれている小説だそうです。

※幻影の航海 *ウィキペディア*

18世紀のカリブ海を舞台に、父親の遺産を奪われた青年が海賊と共に不老不死の泉を探しに行くという物語だそうです。


そういえば、『ワールド・エンド』のエンディングではバルボッサもジャックも「Aqua de Vida」を目指してました。

これをうけて、POTC4ではバルボッサとジャックが一緒に「Aqua de Vida」を探すというストーリーになる予定、だそうです。







パート4を作るという話を聞いたときは
「3部作で盛り上がったんだからもういいよー」とか、
「かえって余計なことをしてしょぼくなるのはイヤだー」とか、
思っちゃったんですが、こうして、キャプテンの姿を見ちゃうと、
盛り上がってきちゃいますぅ!!




全米公開は2011年の夏だそうです(世界同時公開を祈りましょう)



posted by lionne at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のこと。 | 更新情報をチェックする